歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科
山形県鶴岡市文園町3-6

TEL: 0235-25-8118

  お知らせ・ブログ   

小児の矯正治療

矯正治療について

現在、矯正歯科の新患受付を停止しております。

一般歯科治療の治療計画上、必要とされる部分矯正治療(MTM)やマウスピース矯正は行っております。

【参考】矯正治療について (日本歯科医師会)

【参考】歯科矯正治療って何?(日本矯正歯科学会)

治療の開始時期は?

小児の矯正治療の場合は、治療の開始時期が大切です。早く開始した方が良い場合や成長を十分に待ってから治療を開始した方が良い場合など様々です。

「早く矯正治療を始めたい」とお考えの患者さんは多くいらっしゃいます。

しかし、基本的には十分に待つことで短期間で効率よく治療を進めることができ、稀なケースですが、治療が不要な場合もあります。それは、小児のお口は成長とともに常に変化しているからです。ただし、「反対咬合」「はさみ状咬合(シザースバイト)」「骨格性不正咬合」など特殊な症例の場合には早期に治療する必要があります。実は、この判断はなかなか難しいところで、経験豊富な矯正を専門とする歯科医師が得意とするポイントでもあります。特に小児歯科の矯正治療では、無駄な治療は避け、効率よく進めることが重要です。


以下にご紹介する症例は、一度も治療せずに様子だけ見ていた(経過観察)だけで、成長とともに自然に歯並びが改善した症例です。治療せずにここまで自然に改善することは大変稀なケースであり、普通であれば矯正治療が必要と考えらえれる症例です。あくまで、成長とともにお口の状態は自然に変化することを知っていただくために記載していることをご承知ください。